楽器店Chicago Music Exchangeに学ぶ「インバウンドマーケティング × Eコマース」の手法

シカゴにChicago Music Exchangeという楽器店がある。ここのインバウンドマーケティングとEコマースが上手く構成されているので、今日は取り上げて解説をしたい。

インバウンドマーケティングとEコマースを組み合わせた手法といえば真っ先に浮かぶのが、ゲイリー・ヴェイナチャック(Gary Vaynerchuk)のWine Library TVWine Libraryだ。

Chicago Music Exchangeも、ブログや動画を活用しているという点では近いものがあるが、ゲイリーの手法とは違った部分がいくつもあり参考になるだろう。

Chicago Music Exchangeはどんな楽器店なのか

まず、どのような楽器店なのかイメージできるように、ショールームツアーの動画を見てみよう。サイトでも確認できるがこのように高いクオリティのビデオで楽しませてくれるのがChicago Music Exchangeの特徴の一つでもある。ヴィンテージ・ギターを求める層にアピールし、ギターマニアならば一度行ってみたいと思わせてくれる。

Showroom Tour

Chicago Music Exchangeは、比較的規模が大きい楽器店だが、スタッフの構成がユニークだ。

21人+1匹(マスコット犬)の中には、ウェブサイト担当はもちろんのこと、フォトグラファー、フィルムプロデューサー、Eコマースディレクターがいる。加えて配送に関わるスタッフが4人だ。

ローカルにありながら、インバウンドマーケティングとEコマースで広く売ることに力を入れていることがわかる。

このように一地域のブランドが積極的に売上拡大を目指すならば、店舗を増やすだけでなくEコマースによる商圏拡大についてもぜひ検討したい。店舗を増やすよりも投資リスクが小さく、売上機会の伸びしろは大きい。ただし、ウェブマーケティングの設計および運営体制の構築が不十分だと「何年やっても売上が上がらない。」という状態に陥るので、早めに信頼できるウェブディレクター、ウェブマーケターと組むほうが賢明だろう。

どんなに初期投資が低くても、時間をムダに費やすようでは、ウェブサイトもウェブマーケティングも意味を成さない。

Meet The Team

Chicago Music Exchangeのインバウンドマーケティング

サイト内部の主なインバウンドマーケティングコンテンツとしては、商品個別ページ、ブログ、セレブリティ、ビデオギャラリーなどがある。それぞれ説明していこう。

商品個別ページ

商品個別ページにはその商品の詳細、購入ボタン、問い合わせボタンの他に、Facebook、Twitter、Google+のシェアボタン、そしてPinterestのPin itボタンがある。これによりTwitterやFacebookなどでシェアされるのはもちろんのこと、お気に入りの楽器としてPinterest上で画像がシェアされ、そこからのトラフィックを獲得できるようになっている。楽器はPinterestとの相性はかなりいいはずだ。

もちろん、メーカー名カテゴリーページや、商品一つひとつの詳細ページは、ロングテールのトラフィックを獲得できるようにURLに商品名を埋め込んだり、タイトルタグやページのデザインもきっちりと構成されている。ぜひ各ページを確認してほしい。

Gibson J-200 Natural 1964(商品詳細ページ例)
Gibson (Vintage & Used)(メーカー名カテゴリーページ例)

ブログ

ブログにはお知らせやFender、Gibsonといった人気ギターメーカーなどのカテゴリーがあるが、来店したアーティスト(In-Store Artists)というカテゴリーがあり、中を覗いてみると色々なアーティストが訪れていることがわかる。

例えば、レッチリ(Red Hot Chili Peppers)のギタリスト ジョシュ・クリングホッファーが59年のストラトキャスターを探しに来た時の記事では、彼がアンプルームで試奏した後、「今まで演奏したギターの中で一番だ!」と言ったストーリーが語られている。更に、その59年のストラトをスタッフが解説したビデオもアップされている。

Red Hot Chili Pepper Josh Klinghoffer shopping for a Strat

また、ブログには「エリック・クラプトンとジェフ・ベックが共演(Eric Clapton And Jeff Beck To Share Concert Stage)」といったちょっとしたトピックスもアップしており、こういう記事の積み重ねがロングテールな検索経由トラフィックの獲得に貢献していると思われる。

「エリック・クラプトンとジェフ・ベックが共演」のようなエントリーが検索経由のトラフィックを生み出す。

「エリック・クラプトンとジェフ・ベックが共演」のようなエントリーが検索経由のトラフィックを生み出す。

Eric Clapton And Jeff Beck To Share Concert Stage

セレブリティゲスト

セレブリティゲストのページも同様に、マーカス・ミラーやラファエル・サディークなどの大物アーティストの来店写真が並んでいる。ページを移動せずにすべての訪問アーティストリストを1ページで見ることができるようにデザインされているのが特徴だ。サイト訪問者を強力に惹きつけ滞在させ、コンテンツを読ませ、高いブランドイメージを引き出すことに一役買っていることは間違いない。

Celebrity Guests

ビデオ・ギャラリー

ビデオ・ギャラリーには、ビンテージギターなどを解説したものや、ギターレッスン、インストアライブ、ギターエフェクターセットアップなどのビデオが用意されている。

商品と顧客ターゲットに合ったコンテンツになっているのがポイントだ。

ビンテージギターを解説した動画を例として1点取り上げておく。

Videos

Chicago Music Exchangeのリード獲得キャンペーン

さて、インバウンドマーケティングといえば、リードを獲得(Lead Generation)し、こちらからコンタクト可能な状態にして、リードに合った情報を提供しながら顧客へと育成していくことがポイントである。これをリードナーチャリング(Lead Nurturing)と呼ぶ。リード獲得とリードナーチャリングを行うと、行わなかった場合よりも数倍の顧客が生まれるので、インバウンドマーケティングを実行するなら、ぜひリード獲得とリードナーチャリングはしっかり行うようにしたい。

「究極のビンテージモノ、あげちゃうぞ!」キャンペーン

Chicago Music Exchangeはリード獲得の手法として 「究極のビンテージモノ、あげちゃうぞ!(Ultimate Vintage Gear Giveaway)」キャンペーンを行なっている。2012年6月25日から9月30日の間に応募した人の中から抽選で6名に、ギターやアンプなどが当たるキャンペーンだ。

このキャンペーンがスタートしてまだ1週間ほどしか経っていないということになる。獲得したリードの数は分からないが、ページのツイートが130件を超えている状態だ。

以下の画像はキャンペーンのリード獲得フォームが設置されているページだ。動画でキャンペーンをコミカルに解説している。この動画があるおかげで、ページを複数用意したり、ムダに縦長なデザインにしなくても済んでいる。リード獲得用ランディングページのいい見本だ。

Ultimate Vintage Gear Giveaway

キャンペーンの動画の視聴は、1週間ほどで3200を超えたところだ。これからもっと伸びると思われる。

100リフ ― キャンペーンを支えるもうひとつの動画

また、100リフというページも開設されている。

リフ(Riffs)とは、ギターの曲の中で繰り返される印象的なパターンフレーズのことをいうが、色々な楽曲のリフを100曲連続で休むことなく1テイクで弾ききるというかなり難易度が高い演奏をビデオでアップしている。ギターを弾く人であれば、このビデオには釘付けになるだろう。

次の画像はこの100リフのページをキャプチャしたものだが、「究極のビンテージモノ、あげちゃうぞ!(Ultimate Vintage Gear Giveaway)」キャンペーンページへの大きなリンクバナーを確認できるだろう。キャンペーンページへきっちりと導線引きされており、リード獲得のために100リフのビデオを活用しようという意図が感じられる。もちろん、YouTubeの動画からもきっちりとキャンペーンページへのリンクが張られていてぬかりがない。

ちなみにこの100リフの動画はキャンペーン以前の2012年6月4日にアップされており、7月2日の時点での視聴回数は272,000回を超えている。

まとめ

今回のChicago Music Exchangeはウェブサイトおよびインバウンドマーケティングが非常に高いレベルでデザイン・設計されていたので取り上げた。「日常のブログを中心としたインバウンドマーケティング」、「FacebookやTwitterに加えて、楽器の特性を活かしたPinterestを使ったシェアの仕組み」、「距離を越えさせるための写真・動画による情報の見せ方」などがトラフィック獲得とユーザーエンゲージメント・絆の構築を実現している。また一方で、短期間のリード獲得キャンペーンのためにビデオバイラルマーケティングにチャレンジするという意欲的なウェブマーケティングだ。その他に、リードを獲得するためにGoogleアドワーズのリマーケティングでキャンペーンを宣伝しているのも確認している。

Chicago Music Exchangeは、インバウンドマーケティングとEコマースの組み合わせ、そしてトータルなウェブマーケティングの事例として非常にいい題材なので、自分でもサイトやマーケティングの手法について確認してほしい。

個人的に音楽ファン、ギターファンであることもあって、Chicago Music Exchangeのコンテンツをとても楽しんだし、ぜひ店舗に行ってみたいと思った。またヴィンテージ・ギターへの憧れも引き出された、ということを付け加えておきたい。

プロフィール

久保 圭樹 久保 圭樹

株式会社ネットビジネスエージェント代表取締役、Webディレクター。「すべてのクライアントのウェブマーケティングを成功に導く」ことをミッションに掲げ、実際の現場で得たウェブマーケティングのノウハウを提供しています。

記事が面白かったらぜひシェアをお願いします。

report

この記事への感想・気付き・コメントなど