ブラウザ戦線は更に熾烈に。ChromeがついにIEを抜き去った!

5月21日、サイト解析会社のStatCounterによると18日にGoogle Chromeがwebブラウザの世界シェアNo.1になったことを伝えた。インド、ロシア、ブラジルでNo.1をとったことなどがシェアを大きく押し上げた。

しかし、日本、中国、アメリカ、ドイツなどでは、依然として2番手、3番手であり、IEやFirefoxと熾烈なシェア争いを繰り広げている。

StatCounterのデータは300万件以上のウェブサイトからの150億ページビュー/月(うち米国は40億ページビュー)を元にしている。

参考:StatCounter

プロフィール

久保 圭樹 久保 圭樹

株式会社ネットビジネスエージェント代表取締役、Webディレクター。「すべてのクライアントのウェブマーケティングを成功に導く」ことをミッションに掲げ、実際の現場で得たウェブマーケティングのノウハウを提供しています。

記事が面白かったらぜひシェアをお願いします。

report

この記事への感想・気付き・コメントなど