日本における2011年度スマートフォン出荷台数はAppleが1位。Samsungは6位。

MM総研が2011年度通期国内携帯電話端末出荷概況を発表しているので、そのデータとグローバルマーケットにおけるAppleとSamsungのシェアについてのデータを簡単にまとめておきたい。

日本におけるスマートフォン市場のメーカー別シェアはAppleが1位

MM総研の2011年度通期国内携帯電話端末出荷概況によると、2011年度通期スマートフォン出荷台数2,417万台に占めるメーカー別出荷台数・シェアは次のとおりである。

1位:Apple
2位:シャープ
3位:富士通
4位:ソニーモバイル
5位:Samsung
6位:NECカシオ

なお、Twanによると1位のアップルは30%であり、Sumsungは8.3%であるという。

CNETによると以下のデータの通り、2012年第1四半期のグローバルマーケットでの出荷台数とマーケットシェアではどちらともわずかだがSamsungが勝っている。

グローバルスマートフォンベンダーによる2012年第1四半期の出荷台数とマーケットシェア

このようにグローバルマーケットにおいて熾烈な争いをしているAppleとSamsungだが、日本においてはAppleが圧倒的に強いということが明らかになった。

プロフィール

Net Business Agent Net Business Agent

ウェブマーケティングを成功に導くためにコンサルティング・ノウハウ提供、ウェブサイトの企画・設計・構築、ウェブコンテンツの運営サポートを提供しています。

記事が面白かったらぜひシェアをお願いします。

report

この記事への感想・気付き・コメントなど