Appleがノースカロライナと組み、再生可能エネルギーによるデータセンター運営を目指す

Apple再生可能エネルギーデータセンター Apple再生可能エネルギーデータセンター

Appleは2012年末までにノースカロライナにあるデータセンターの電力をクリーンな再生可能エネルギーに変える方針を打ち立てた。

この目標を達成するために米国最大規模のプライベート発電施設を建設し、太陽光発電パネルと燃料電池を設置する。またこの施設によって消費電力の60%をまかない、残りの40%は地域で作られたクリーンエネルギーを直接購入する。

Apple再生可能エネルギーデータセンター

これには地域の風力、ソーラー、バイオガスを使ったエネルギープロジェクトへの投資を促進する目的もある。

またNC GreenPower(ノースカロライナ公共事業委員会によって設立された公共NPO団体)と手を組み地域に再生可能エネルギーを推進していく。

参考:Apple

プロフィール

久保 圭樹 久保 圭樹

株式会社ネットビジネスエージェント代表取締役、Webディレクター。「すべてのクライアントのウェブマーケティングを成功に導く」ことをミッションに掲げ、実際の現場で得たウェブマーケティングのノウハウを提供しています。

記事が面白かったらぜひシェアをお願いします。

report

この記事への感想・気付き・コメントなど